トップ高校野球埼玉県大会>川口青陵、埼玉栄が4強 高校野球埼玉大会第13日

2009年07月27日

川口青陵、埼玉栄が4強 高校野球埼玉大会第13日

 高校野球埼玉大会13日目は、右ブロックの準々決勝戦が行われ、ベスト4が出揃った。埼玉栄は、強豪の春日部共栄との投手戦に勝利し、川口青陵は、浦和実業に対し、投打で圧倒した。

川口青陵、埼玉栄が4強 高校野球埼玉大会第13日

(26日・県営大宮)

 第13日は、準々決勝残り2試合が行われ、4強が出そろった。昨秋の関東大会8強の川口青陵は浦和実に4―0で快勝。1998年の創部以来初のベスト4入りを果たした。埼玉栄は春日部共栄を2―1で制して4年ぶり6度目の準決勝に進んだ。

 川口青陵は左腕野川が7奪三振、4安打完封。打線も浦和実のエース植木から3点を奪った。埼玉栄の塩田は春日部共栄の今大会屈指の右腕中村から決勝本塁打を放った。島野―芹沢も好継投した。

 第14日の28日は県営大宮で、準決勝2試合を実施。聖望学園―春日部東は午前10時、川口青陵―埼玉栄は午後0時30分から。

埼玉新聞

 右ブロックの4強に進出したのは、川口青陵(秋の大会の準優勝校)と埼玉栄(春の大会の準優勝校)となった。いずれの2校も、実力校であり、関東大会出場などの経験がある。過去の戦績から言えば、川口青陵と埼玉栄の勝者は、今大会において、優勝する可能性が高いだろう。そういう意味では、この試合が、どういったゲーム展開になるのか非常に注目である。


トラックバックURL

この記事へのコメント(2)

1. 名前:印刷屋 2009年07月28日 12:40
1 川口青陵と埼玉栄の勝者が優勝する可能性が高いのか根拠がわからん!
2. 名前:なんとなくやる 2009年07月28日 13:06
 聖望学園は、昨年度において選抜大会準優勝の実績がありますが、その年の夏は初戦敗退。今年のチームは、秋と春の大会もベスト16が最高の成績でした。
 春日部東も、春の大会のベスト16が最高の成績でした。

 一方、川口青陵は、春の大会で初戦敗退したものの、秋の大会では準優勝し、関東大会でも1勝している実績があります。また、埼玉栄も春の大会で準優勝し、今大会の準々決勝では強豪の春日部共栄に勝っているので、実力は十分にあると思われます。

 聖望学園は、浦和学院や本庄第一に勝利しているので、実力もありますが、過去の大会の成績が、川口青陵と埼玉栄よりも低かったので、川口青陵と埼玉栄の勝者が、優勝する可能性が高いと判断しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

訪問者
カテゴリ
Archives
HIP HOP関連
人気情報
楽天市場
スポンサード リンク

Blog People
blog Ranking アクセス解析

このページの上へ▲