トップ関東大会>徳栄、粘りの集中打 秋季関東高校野球

2009年11月05日

徳栄、粘りの集中打 秋季関東高校野球

徳栄、粘りの集中打 秋季関東高校野球


 (4日・千葉県野球場)
 第5日は準決勝2試合が行われ、花咲徳栄が東海大望洋(千葉2位)に4−1で逆転勝ちし、初の決勝進出を果たした。
 花咲徳栄は三回に先制点を許したが、八回無死二、三塁から、大塚が右翼線に2点適時三塁打を放って逆転した。投げては、松本、山口の継投で東海大望洋の反撃を1点に抑えて逃げ切った。
 最終日は5日、千葉県野球場で花咲徳栄−東海大相模(神奈川1位)の顔合わせで決勝が行われる。

采配的中 一丸で逆転

 終盤に入っても、負けているチームのような暗さはなかった。花咲徳栄が今秋の勢いを象徴するかのような集中打を見せ、初の決勝進出。岩井監督は「(逆転の)八回はとにかく、狙ったボールを思い切り打てと指示した」と興奮を隠し切れず、矢継ぎ早に話した。
 逆転劇は監督の名采配(さいはい)が口火となった。終盤に入り、相手投手、尾沢のボールは上下に外れ始めていた。これを見た岩井監督は「これなら背の低いやつがいい」と、八回の先頭打者に身長164造亮臂、根建を代打起用した。根建がストレートの四球を選び、采配が的中。ナインは一斉に「名采配だー」と声を張り上げ、ベンチ内がこの試合で一番盛り上がる。
 がぜん、逆転の雰囲気が漂い始めた。続く犠打を木内が初球で決めると、敵失で無死一、三塁とチャンスが広がって勢いは加速。佐藤の同点打、大塚が逆転打を放つと、お祭り騒ぎは最高潮に達した。1年生の大塚は「同点で気が楽になっていたし、ベンチも、もう行け行けで乗っていた」とチームの後押しによる一打を喜んだ。
 先発して7回1失点の好投をした松本と大塚の1年生コンビをはじめ、日替わりヒーローが勝利を呼び込んでの3連勝だ。大塚は「関東のてっぺんに立ちたい」と胸を張る。チームは最高の雰囲気で初の決勝戦を迎えることになりそうだ。

1年生松本が好投

 1年生の松本が7回を1失点に抑える好投を見せた。ピンチにも動じることなく、初の決勝進出に貢献。「チームのために投げようと思っていたので、少しほっとしている。楽しく投げられた」と、あどけなさの残る表情で振り返った。
 得点圏に走者を置くこと実に4度。だが、ピンチで粘り強さを発揮した。七回には2死一、二塁の場面を迎えながら、低めを突く投球で乗り切り、八回の逆転勝ちにつなげた。「この試合は大きな自信になった」と笑顔を見せていた。



なんとなくやる│Comments(0)TrackBack(0)関東大会 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

訪問者
カテゴリ
Archives
HIP HOP関連
人気情報
楽天市場
スポンサード リンク

Blog People
blog Ranking アクセス解析

このページの上へ▲